みなさん、こんにちは。越谷市地域多世代サークル「こずもす」は、こどもかふぇ食堂代表青山と文教大学ボランティアサークルあるけ代表押川が協力し合い、2020年8月に誕生しました。
私たちは、地域の様々な方のお力を借り、子どもたちの可能性を広がられるような体験の提供を目指しています。昨年度は、地域の皆様のご協力のもとお芋ほり遠足や臼と杵でお餅つきを行なうといったイベントを実施しました。
「こずもす」とは、スペイン語で「世界」を表します。様々な体験をし、自分の可能性を伸ばしてほしいという意味の「世界」とグローバルに生きてほしいという「世界」の想いをこめて名づけられました。

このご時世で、様々な苦労をしている方などが多いとは思いますが、こういう時だからこそ地域の助け合いが必要だと感じています。こども食堂ぽらむの家では、フードパントリーからの食材を配布したり、地域の飲食店の販売促進をかねてお弁当等の配達等も行っています。合わせてご利用ください。

また、いままで通りこどもかふぇ食堂ぽらむの家と文教大学ボランティアサークルあるけと協力して今後もイベントを行っていくつもりでございます。これからもよろしくお願いします。

  • 代表 
    おししょー
    こんにちは。こずもすの代表と文教大学ボランティアサークルあるけの創設者であります押川と申します。

    私は将来、小学校の教員を目指して勉強に励ませていただいております。
    こずもすでは、地域の様々な方と連携し、こどもに少しでも将来がわくわくするような機会を作れればと考えいます。
    なかなかご家庭では難しいことも、地域の方と連携すればできることもたくさんあるかと思います。
    精一杯スタッフ一丸となって取り組ませていただきたいので、是非一度足をお運びください。
  • さとっしー
    こんにちは!
    主に月曜日と水曜日の第2部を担当させていただく、堀口と申します!
    教育学部の大学2年生をやらせていただいております。

    子どもたちの学びや新しい発見が少しでも増えるように一生懸命取り組みます!
    子どもたちとも、親御さんとも、地域の方々ともご縁を繋いでいこうと思います。
    よろしくお願い致します!

説明は準備中です。しばらくお待ち願います。